アメリカの大学留学を実現する方法

subpage01

アメリカの大学留学を実現するにはいくつかの方法が考えられます。



そこでアメリカの大学留学を主としてその方法についてご紹介します。

まず、最初に日本の高校からそのままストレートに大学留学する場合が挙げられます。

Yahoo!知恵袋が気になる方に必見の情報です。

アメリカの大学に入学するには日本の大学入学試験のようなものはなく、代わりに日本の高校での英文の成績証明書やTOEFL試験のスコア、入学希望に関するエッセイの提出が求められます。大学によってはさらに入学のための面接が課せられるところもあります。入学の難易度は希望する大学によって異なり、ハーバードやUCLAなどの名門校になると高校時代のGPAやTOEFL試験の成績も高くなければなりません。エッセイの内容も重要視され、高校時代の授業以外の活動やそこでの意義のある経験などもエッセイなどを通じて見られます。



インタビューが課せられる大学はその結果も合否に影響します。
高校時代の成績があまり芳しくない場合や語学力に不安のある場合は最初に2年生のカレッジに入学し、そこでの成績アップを経てから4年生大学に編入するという方法も考えらます。

この場合は入学の難易度が大きく下がるので成績次第で名門校へ編入できる可能性もあります。
カレッジは4年生大学に比べて学費も安く、この方法はアメリカ人学生の間でもとても一般的です。

さらに日本の大学に入学した後でそこから編入したり、相互に交換するプログラムのある大学から編入する方法もあります。


この場合、日本の大学で取得した単位をなるべく多く認めてくれるような大学への編入を目指せば、日本での単位が無駄にならずにより短期間で卒業することができます。