大学留学は何事も能動的になること

subpage01

大学留学の入学条件は高校卒業以上、TOEFLやIELTSが一定のスコア以上、エッセイの提出が必要とされます。
大学留学で英語力が一番重要なことのように感じますが、英語よりも能動的になれるかどうかです。
日本の学校の授業は受動的な面が多く、能動的に行う習慣に慣れていない人が多いと思います。



例えば、大学留学の入学条件を調べたときに、英語能力が条件に満たさないと諦めてしまわず、能動的になって、海外の大学に入学してから英語能力を伸ばすから、なんとかならないかと大学留学相談所などで相談すると、条件付き入学があることがわかります。


条件付き入学とは入学条件に英語力が問われず、合格内定を得た大学の英語集中コースなどで勉強できる制度のことです。

留学を積極的に行っている海外の大学では生徒が勉強に集中できるように、多くのサポートを行っています。

ただし、何に不安を感じているか自分から話さなければ解決策を教えてくれる人はいません。

朝日新聞デジタル情報探しのヒントをお教え致します。

学費が高いから相談すれば、いろいろな奨学金制度があることを教えてくれます。


学力がないから相談すれば、2年制の大学であれば入学条件が低く設定されていることを教えてくれます。



さらに、2年間しっかり勉強すれば、4年制の大学に編入することもできます。

ただし、能動的になっても、楽はできません。英語能力がなくて、条件付き入学で合格内定を得たからといって、卒業できる保証はなく、英語能力を伸ばすためには努力しなければいけません。